会話のネタ作りならおまかせ!トレンドニュースアンテナ

話ネタペディア

未分類

北海道きのこ王国の「なめ茸」が万能すぎてやめられない止まらない

投稿日:

はー、ヤバい。また今日も摂取しすぎてしまった……。食べすぎとわかっていてもやめられない。え、何のことかって? 北海道きのこ王国のなめ茸シリーズ。その中でも「明太なめ茸」ってヤツなんですけどね。

調べてみると、「きのこ王国」で日本一売れている味噌汁を飲んだ記事の最後でも紹介している一品。たまたま入ったショッピングモールで見つけ、「ウマそうだな」なんて軽い気持ちで手を出したらどっぷりハマってしまったわけで。

・そのままでも何かに入れてもイケる

商品の見た目に関しては特筆するような点はなく、細切れにされたなめ茸がレトルトパウチにぶちこまれている仕様。注ぎ口がちょうど良い口径のキャップ式で扱いやすいのは高ポイント。

味の面での最大の特徴は明太子の存在感。世の中の「明太子味」には、ちょろっと明太子の風味が申し訳程度に付与されている代物がわりと多い。それでもだいたい美味しいのだが、なんちゃって明太子味な感じはぬぐえない。

しかし「明太なめ茸」の明太子力はガチ。さすがに単体の新鮮な明太子よりは劣るというか、なめ茸によってマイルドになっているものの、わりと本気を感じる唐辛子の刺激と、しっかりした明太子フレーバーで中毒不可避な仕上がりだ。特に唐辛子は、食べた後でも喉の奥の方にチリチリくるレベル。この唐辛子のせいで飽きがこなくて止まらない……ッ!

食べ方は、それこそ発想力と料理スキル次第で何でもイケると思われる。料理ができない筆者は、普通にご飯にかけたり……

ゆでたパスタにぶっかけてバターや塩で整えたり、切ったきゅうりに乗せて酒のつまみにしたり程度しかできない。公式サイトによるとオムレツにも合うそうだ。卵とも合うということは、明太なめ茸入り卵焼きなんかを作ったりしてもいいのかもしれない。

・ネットでも買える

ちなみにこちらの商品、製造しているのは「株式会社 北海道名販」という北海道の会社。本拠地の店舗に関しては、やはり先述のK.ナガハシ記者によるレポートを読んでいただきたい。

ぶっちゃけ、たまーに駅とかデパートで開催される北海道物産展とかじゃないと買えないんじゃ……なんて最初は思っていた。しかし調べてみると、いささか割高にはなるもののAmazonや楽天で売られているじゃないか!

また、関東圏であれば「北海道フードフロンティア株式会社」が主に関東にて展開する北海道産品を販売する「北海道うまいもの館」でも扱われているようだ。埼玉の店舗に行ってみると「明太なめ茸」のほかにも複数のフレーバーを確認。「梅なめ茸」や「うになめ茸」など名前だけで既にウマそうで実に気になる。

ちなみに人気1位は絶賛筆者がドはまり中の「明太なめ茸」だそうだ。店舗だと1000円で販売中だが、Amazonだと本記事執筆時には1799円とインフレしている。楽天だと900円と一見安いように見えるが、送料がそこそことられるのでAmazonとあまり変らない。

「北海道うまいもの館」自体は都内や埼玉、神奈川であれば色んなところに店舗があるので、住んでいる場所や職場によっては直接買ったほうが安いかもしれない。全ての店舗で扱いがあるかは不明なので、いざ買いに行こうという場合には問い合わせてからの方がいいだろう。

唐辛子が苦手な方には合わない可能性もあるが、そうでなければマジでウマいので気になった方は是非食べてみてほしい。おっと、書きながらも食べていたらとうとう無くなりそうだ。次は「うになめ茸」に……おや「ラー油・ニンニクなめ茸」? そういうのもあるのか。

参照元:明太なめ茸店舗リストAmazon楽天
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース
北海道きのこ王国の「なめ茸」が万能すぎてやめられない止まらない

-未分類

Copyright© 話ネタペディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.